酔いどれるん

それでも 生きてみよう!!

酔いどれるん 岩手の友情
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2011-11-13 (Sun)
岩手に行きたい。そう言いだして何カ月が過ぎたろう。

父は岩手の同級生 弁護士に逢うために中学の同級生に何度も何度もラブコールをし このたび実現

私と健さんとで父のお伴をする事になった。

さぁ~~~出発だぁ^^


ぼろぼろのセーターを着てぼろぼろのコートを羽織り ズボンはジャージーを履き

もっと おしゃれをすれば良いのに 父はそう言う格好が好きじゃないのでぼろぼろの姿で新幹線に乗り込む。

風邪ひき健さん


風邪をひいている健さんはマスクをつけて出発です。


新幹線の中では


るんはのんびりだらだら



そして



これこれこれがなきゃね。


呑気にワインを頂きながら 東京へそれから東北新幹線で新花巻まで行きました。




同級生と合流



念願の弁護士とも会い。


同級生は父の訴えを起こしたい問題に対して静かな口調で諭すのでした。


サトシさんは今の自分の問題を話しその話を健さんと私が追加で話


サトシさんは もっと別の方法を考えた方が良いと言われ、今住んでいる世話になっている人に任せればいい。

そして 知多の家を売るもよし貸すもよし そこに今は住んでいないんだから、訴えを起こす必要はなく

もっと 前を向いてがんばらねばイカンと言っておりました。

娘さんに任せて どうするか考えた方が良いんじゃないのか?

そう言われ 良いよ お前やってくれ!!

と父が言うと サトシさん 頼む時は帽子を取り頭を下げねばなんねんだよ!!

帽子をかぶって やってくれよ!!じゃねーんだ!


俺ら76歳だけど まだまだ がんばらねばなんねんだよ!

と言われつつ 父は納得したようなそうでないような気持ちで弁護士さんとは握手を交わし別れました。


同級生弁護士の自宅は津波で1回はやられてしまって8カ月の間に大分修復されておりました。


周りは地震と津波にやられ 家は流されめちゃくちゃでした。

車でめぐっても 気分が悪くなるような光景でした。こんな風になっているんだ。

家も無く人も流され がんばれと言う言葉は出ない。

本当に一人一人が復興の手助けが何が出来るか 考えるべきなんだと本当に感じました。

そんな大変な時に父は自分の問題を同級生弁護士に聞いてもらいたく岩手に出向き 何とも恥ずかしい気持

ちにはなったが 父が少しでも気持ちが休まれば良いと私も健さんも同行したわけです。


本当にこんな時にと頭を何度も下げ それでも 再会できたことを心から喜びました。


それから 父の実家に行ってきました。


実家は長男の子供が今は花巻に移動し そのまま 空き家になってぼろぼろになっていました。

サトシさんの生まれ育った土地です。私は小学生くらいに行った事があったのですがすっかり変わり果てた

父の実家を見て愕然としました。裏山は白山と言い もっと大きな感じがしましたが 小さく見えました。


父はがっかりしていました。


生家の紅葉


家は崩壊寸前でしたが 紅葉が奇麗でした。


歩くと


だいじょうぶ!!



父の実家のお墓に行くつもりでしたが 父は生家を見て 墓はいかねーとポツンと言い


私は自分のブーツについた紅葉に心躍らせてました。


それから 父の姉の子にも逢う事が出来ました。



再会記念


それから すぐ帰ると言う父でしたが せっかくなので世界遺産になった平泉まで足を伸ばそうと言う話になり ヨシノリさんに案内してもらいました。


仲良し2人




木々に癒されました。


中尊寺めぐりは 紅葉がすばらしく 黄金の仏像を見て回りました。




2011年11月11日 何となく不吉な気持ちがありましたが 有意義な日を過ごしました。



また 続き写真をアップするかも知れません。


本日は家の中の掃除をし明日からの仕事の準備をします。


ではでは


(≧д≦)ノ▽"パンティヌギヌギバイバーイ!


Theme : ひとりごと。 * Genre : 日記 * Category : こんなのありか?
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する