箕面市みのお整体院の肩こり腰痛,美容,整体ブログ

酔いどれるん

それでも 生きてみよう!!

酔いどれるん お盆の自宅法要
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2012-08-12 (Sun)

みんなで写真


お盆の自宅法要をやりました。

予定のある人もあり 長男は会社のイベントバスケがあり 出席できず、娘は友達と遊ぶ約束をしていたようで

前日 言い合いになりました。

前から休みを入れてたんだよ!!2日間お泊りする予定だったようで 勤務表には連休になっていました・


ふむふむ 良い心がけだ。そう思っていた私とは裏腹 彼女は予定を入れていたようです。

次男 ゆうと 3男りょうちんは 毎年 やる行事なので 今年は何日なの?と聞いていたので彼らは予定を入れずにいました。


娘には そんなに大事な用事なら 行けば良いじゃん

家の行事は 前々から決まっており にわかに立てた行事ではないので 事前に行けないからと言えないあなたが悪いんじゃないの?

まっ それ以上に ももの事前の連絡がほとんど出来ない事に腹を立てていた私は・・・・。

勝手に生きてけ!! どうなっても知らん。


そう言う言葉になってしまいました。


ももは前日不貞寝をし 朝 機嫌は直っておりました。

そんなこんなでしたが 無事 サトシさんを含め  家族で合同でお参りする事が出来ました。




娘とも一応仲直りです。








お寺さんが来てくださったので


今まで抱えてきた疑問をお尋ねしました。


① 御仏壇に サトシ家をお祭りしても良いかどうかと言う事 要はるんの実家を祭る事が良い事なのかと言う事


② キヨミさんを祭る事が良い事か

③ キヨミさんはお寺に遺骨を預けてあるが 父が自分で葬りたいと願っていて 私たちの建てるお墓に入れても

  良いか?

④ 葬式で喪主になった者がお墓を立てなければいけないのか? また 父がいるのに母の遺骨を自由にできない

  事はあるのか


そんな事を丁寧に答えてもらった。


たまたま 我が家の宗派と実家の宗派が同じと言う事もあるのかもしれないが そう言うお参りの仕方は別に間違

っておらず 実家のお墓と自分たちのお墓を建てる事は別に問題ある行動ではないらしい。


江戸時代やその前等は 姫様が実家のお墓をお嫁に行った所に持って行くと言う事はあったそうです。


お葬式の時 傷心仕切った状態で喪主が勤められず 長男が喪主になった場合


遺骨は父に戻すのが 筋なんだそうです。

長年連れ添った妻なのですから


しかし 弟と話し合う必要はあるようで 母の遺骨は観るが 父は知らぬ そう言う事はやってはならないとの事


やっぱり 近いうちに弟と話し合う必要があるらしい。


お墓の事を進めつつ どうするか 考えるようにしよう。



父は今日も 整体に行きたいらしく るん 頼むから 連れて行ってくれ そう言い父を連れて行った。


父は自分の言い分を私に聞いてもらえるので 捻じれる事もなく 気持ちが良い気持ちが良いと言っております。



整体の先生に 膝が痛くても 歩く事を辞めてはいけないよ。動けなくなり寝たきりになるよ。


そう言われたため


夕方 散歩に出かけました。



楽しい散歩


汗だくになりながら 上着は途中で脱いで がんばって歩行しました。


時々 私の心配をしながら・・・・車が来たぞ るん!!そう言いながら・・・・。


親だからね 私の心配もしてくれるんですね。


ケンさんがるんとサトシさんを撮ってくれました。ボケてますけど(笑)



サトシさんは小さかった時の事を話し始め ご機嫌な様子。


サトシさんが機嫌が良いとるんも嬉しい。



(*⌒-⌒)v




Theme : *感謝そしてありがとう* * Genre : 日記 * Category : 家庭
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する