箕面市みのお整体院の肩こり腰痛,美容,整体ブログ

酔いどれるん

それでも 生きてみよう!!

酔いどれるん 必然
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-03-20 (Wed)
おっぽちゃんへ

2002年からブログをやり続けております。

当時はODNの無料HPで知り合いになった 当時からの仲間はおっぽさんとzx900さんと皐月さんと

まだ 4人の子供が小さいときからのお付き合いをしている。

おっぽさんには 励まされて 介護の仕事をしていたおっぽさんと話が合い 良きお友達でいてもらっている。

私は 元々 うつ病であったわけではなく そう言う傾向があったかもしれないと時々思うのである。

2009年に手術室でパワハラに合い 適応障害と診断され その後 うつ病と診断された。

その頃 おっぽさんとは会う事が叶い ネットでは話せない話を沢山して 楽しい時間を過ごした。

そんなおっぽさんのお誕生日に何かしたいと思い。花のリースを作成。

本日 届いた様子。壁にかけて撮影 バックの壁が煙草のニコチン色になっているのが残念な限りだ。

娘が一人暮らしを実家でしている。

花屋で働く事が決まったからだ。3ヶ月はパートその後働きを見て正職員になる予定である。

弟は実家の近くに住んでいるが 弟は仙台や岩手と仕事で飛び歩いているようだ。

父が私の所に来てからは 実家に寄りつきもしない。

妹は京都に住んでいる。


その京都に住んでいる妹から電話が来た。

おねぇーーーちゃん どうなっているのか???おねーーーちゃんのやっている事はおかしいよ。


っと言う事だった。私の心配や父の心配ではなく 娘を実家に住まわせているのは 認知症の父の権利を私が自由

にして 悪用していると言うのだ。


父とは良く話し合い 父の許可は得ているが 何せ 認知症の父なので そう言われるとそうなのかもしれない。


しかし 実家に1ヵ月に1回行っていたのが 数か月に1回になり しいては 半年に1回になって 庭に草がぼうぼうになっているのを見るに見かねている状態なのだ。


そう話すと住んでいないんだから 朽ちても仕方ないじゃん。

そう妹は言った。


はたして そうだろうか??


私はすでに結婚していたし 実家に思いれもない。

でも あそこには 母の生きて来た匂いや影がある。

朽ちるのを見て見ぬふりをする事が出来ないのである。

老いてくる父の様子を見ていても 放っておく事は出来ない。

妹は姉と兄の間に入り 関わる事が出来ないとも言った。

私と妹が仲良くすれば 弟も私と妹がつるんでいるんだと意固地になるだろう。


私は看ると言う事は 父の臨終に付き添うそして最後骨になって墓守まですると言う事と思っている。


父は物じゃない。弟が看るべきとか私が看るべきとか そんな事は思っていない。


父が自分で私の所に避難してきたのである。


弟の所に行きたいと思えば父は行くと思う。私は止めもしないし父の好きなようにすれば良いと思っている。


そう説明したが 妹は自分の考えの教養範囲を超えているらしく 関わる事が出来ない。との事だった。


でも 父は生きている 生きている人に会いに来る事は 別に良いんじゃないの?

子供を父に見せても良いんじゃない?


そう話してもみたが 私の所には行けない様子だった。と言うか そんなニュアンスの話し方だったので


遠くから見守っていてね。と電話を切った。


私も調子が良い訳じゃないので 長く 激論する元気もなく 今 自分のできる範囲の事以外は出来ないんだと


思っている。



妹のできる事は 孫を見せにくることだけじゃないのかなぁー?



それも 無理なのか・・・・・・。



残念に思う。



妹がこっちにいる時に 手術をする事になった時 当然 私は妹を家族と思っていたので 手術当日 妹の所へ出向いた事がある。



手術の同意書には家族の同意もいる事になっている。私も妹も看護師なのでそのへんは解っているはずだ。


ねぇーあんた 同意書はどうしたの?


そう聞くと母もいないし父も脳梗塞だし 家族はいないって言って 手術同意書を提出したと言うのだ。




妹はその時点で もー私と家族ではないのだ。と言っている気がしてがっかりした。


多分 妹は9歳も下なので 私と通じるものが無いのだろう。


4人も子育てして四苦八苦していたので 心配かけない様にしたのかもしれない。


それにしても 残念でならない。



妹には 子供たち4人世話になっているし、恩義はあるが 遠い所に行ってしまい 子供の事も口出しが出来ない状況になっている。


今の子育ては私の育てた頃とは違うらしく 姉の言う事等 当てにならないのかもしれない。

子供のいじめや子供のいたずらに振り回されている姉を見て 見習うものは何もないと思っているのかもしれない。



娘とはラインで話をしねりねりの様子の画像を送ったりして状況を確認している。



弟がかなり怒っていたので その怒りが娘に及ぶんじゃないかと妹も心配していた。



ニュースの見過ぎかもしれないが 殺し合うんじゃないかと心配しているのだ。


私も うつ病で薬を飲んでいるので 殺されるかも?

と思わない事もないが そうなったら なりそうになった時に考えれば良い。


そう思っている。



娘がはじめて花束を作成したらしく 画像を送って来てくれた。



ももの作成です。



働き始めて3日目に 作らせてもらったらしい。


テーマは 「母」なんだそうです。



問題のある娘ではあるが 付き合って行くしか無く この世でたった一人の娘だから


私の宝物だ。



色々あるが 今の私に必然なんだろうと思っている。


父にいつものように マッサージをし妹から電話があった話をすると 何で??やんやんがそんな事言ってるんだぁ~??


ちゃんとももが一人でやってるんだよ。って説明してやれ!!


なんら問題は無いんだよって言えば良いんだ。やんやんは京都で自分の事やればいいんだよ。


そう父は言っていた。父と母の昔話を写真を見ながら 話をしていると 父の岩手の墓の写真が出てきた。


母と行った事があるんだ。( ̄。 ̄)ホォー


そうなんだ。



父と母の生きて来た時を写真を眺めながら そこに 私と弟と妹と3人の幼い頃の写真もあり 大人になってこんな風になるんだと 残念には思うけど 


いつか 元気でいればきっとまた笑顔で会える。



今は必然なんだと。感じながら 祈る私です。







ねりねりは呑気にしています。


今日はお彼岸なので お寺に行かないといけなかったが 体調がすぐれず ケンさんに行ってもらった。


早く お墓が出来ると良いんだけど 強行に進めるわけにはいかないので 我慢しながら


進もう。



(*⌒-⌒)v

Theme : *感謝そしてありがとう* * Genre : 日記 * Category : うつ病
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する