箕面市みのお整体院の肩こり腰痛,美容,整体ブログ

酔いどれるん

それでも 生きてみよう!!

酔いどれるん やけど
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-03-23 (Sat)
かごに花をつけてみた。

昨日は皮膚科勤務

朝一番に外来のカギを開ける所から始まる。

廊下で子供が泣いている。皮膚科と内科の間にいた。

あまりぎゃんぎゃん泣いているので 声をかけた。

何でも コーヒーを腕にこぼしたらしく 救急車で来たそうだ。

(ーー*)うーん

救急車か???

子供の年齢は1歳チョット 氷で冷やしているようだった。

母親は大変な事をしてしまったと言う罪悪感から おびえているようだった。

なぜなら 子供をあやす事が出来ない。

子供は大泣きだ。

外来のカギを開け 母親にはカルテが皮膚科に来てから診察しますね。

っと伝えた。

救急外来から報告が来た。処置は終わっているらしく、後は専門医の確認だけなんだそうだ。


と言う事で 皮膚科の外来の準備をして8時45分から呼び込み診察が始まった。


やけどの子供ちゃんのカルテはなかなか皮膚科に上がって来ないので 早く上げるようには医事課に言っていたが


8時45分の予約の患者さんがが終わり、9時の予約の患者さんに移行していた。


そろそろ やけどちゃんの母親は まだですか!!っと言ってくるだろうな・・・・・・。


と思いながら 診察が進められた。


カルテが上がってきたが 私は9時の予約の人の最後に呼びいれる事にした。

救急外来で処置を終えていたし、 やけどちゃんの処置をすると時間がかかるので外来が中断してしまうからだ。

案の定 9時の予約を呼びこみ まだ 呼ばれないので 私の番はまだですか??

血相を変えて 大声を出していた。


次に呼びいれる所だったのに・・・・・。

おかぁーさん1番診察室に入ってください。

まだ 診察は出来ないけど 入って待っていてください。


さーやけどちゃんの番 大泣きの子であるが 母親はやけどをさせてしまったと言う罪悪感からほとんど子供をあやせすことをしない。


そして 母親は言うのである。傷は残りますか??


(ーー*)うーん

診てみないと何ともね。おかーさん 落ち着いてと肩をさすりながら声をかけた。


救急車を呼ぶ前にやる事があったよね。冷やしましたか?と聞いてみる。

(私が話しかけると子供ちゃんは一時的に泣きやむ)


服を脱がせたら 皮膚がめくれてとの事だった。

おかぁーさん 今回の事で 勉強してね。服を脱がせる前に冷やさないと水道水で良いからね。


冷やすのは30分以上そして ゆっくり服を脱がせて 受診すれば良いんですよ。


救急車を呼ぶ前にやるべき処置がある事を母親に伝える。


母親に優しく説明すると 母親は泣きだしてしまった。さっきまで 血相を変えて大声を出していたのに・・・。

やっぱり不安なんだな。きっと この母は 自分を責めるだろうと思った私は 背中をさすり大丈夫だから・・・・。


おかぁーさんが落ち着かないと子供ちゃんも怖がって泣いちゃいますよ。と説明した。


処置が始まりやけどの皮膚の状態を診察した。

水ぶくれが破れている。残念!!!

今日は金曜日 明日の処置は救急外来でしか出来ない。

明日以降の処置を説明して 帰宅となった。

診察後には落ち着いていた。子ちゃんも泣きやみ 母も温和な顔に戻っていた。

今後 処置をしていかないと皮膚がどう回復して行くか??

解らない状況だ。




(ーー*)うーん


何で??冷やさないんだ!!!!

氷じゃなく 水道水です!!!


私は小学6年の時 妹に熱いスープを首からかけた事がある。

土曜日で昼食を作っていて チャーハンとスープを  近くの子も来ていたので 近くの子供とふざけ合っていた。


スープを持っている所に妹がぶつかった。そして 落下 スープは妹の首から背中にかけてかかってしまった。

私はとっさに 風呂場に行き 彼女を水道水で冷やした。

1時間は冷やさないとと何処で教わったのか???


そう判断し冷やし続けた。もちろん 服を着たままだ。

震えて泣き叫ぶ妹に傷が残らいようにだから 我慢してと声をかけ冷やし続けた。


それから 服を着替えさせ 妹の背中にメンタームじゃしみるだろうと思い。家にあったオロナインを薄く塗った。


水ぶくれも出来ず 赤くなっているだけで治まり 病院へ行くことなく完治し傷跡などは残っていない。


小学生で私はやけどの処理を完ぺきにこなせていたのだ。


母の育て方が良かったのかなぁ~~??


私は近所のこの昼ごはんと妹の食事を作ったけど スープをこぼした事を母に話すと母はかなり私を叱った。


注意してやらないと!!!っと弩叱られた。


褒めてくれてもいいのに・・・・。(= ̄〆 ̄=)ちっ


まぁー♪私は褒められる事はあんまりなかったな・・・・。



サトシさんは朝と違うズボンを履いていた。おしっこが間に合わなかったらしい。

最近はパンツの場所が解るようになっている。


尿漏れしたら パンツを代えるように言ってあるしね。


洗濯かごにも入れられるようになった。凄い凄い!!


サトシさんを褒め散らす!!



今日は新病院の見学に父を連れて行こうと思う。



ε=ε=ε=ε=ε=(o^。^)oブーン!!









Theme : *感謝そしてありがとう* * Genre : 日記 * Category : 仕事
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

皐月ちゃんへ * by るん
v-238おはよー!
やっと 少し落ち着きましたか……!
良かったぁーーー!大変そうだなぁと思ってグログはいけんしておりましたよ。
感情的になっている人を落ち着かせるの大変だよね。
皐月ちゃんは 上手そうだなぁ〜♩
そっか おばさんは大変だったね 。
最初の処置で随分違うからね 。皮膚移植は見ていても大変すぎます。そうならないように始めの処置が大事なんだけどね。
私の場合 何でか その時は 的確に出来て幸せなことだと思います。

皐月 ちゃんは身体の調子はどうですか?
お互い頑張ろうね。

zx900ちゃんへ * by るん
v-238おはよー!
若いママじゃなかったけどね。
熱傷の場合 虐待の場合もあるから、要注意なんだよね。
そうじゃなきゃいいって思いつつ優しく対応しています。
火傷は冷やす 学習して欲しいです。

No title * by 皐月 菖蒲
こんばんは。
お久しぶりです。
年度末の仕事が終わって一息ついているところです。

火傷でもなんでも、まずはお母さんが落ち着いてくれないと…。
その点、小学生だったるんさんの的確な判断はさすがです。

るんさんに顔が似ている私の従妹は、子供が1歳の頃、
「お母さん(実母です)、ちょっと見ていてね。」
とおんぶしていた子をおろして夕飯づくりを始めたら、
歩き出してストーブで手のひらを火傷。
子供は、成長が止まるころまで大学病院で皮膚移植を続けました。
従妹と叔母は実の親子ですが、
その火傷のことで従妹は叔母に責められ大変だったそうです。
その、お母さんも自分を責めたりするだけでなく、責められたりがあったら可哀想だなと、従妹と重ね合わせてしまいました。

子供って、大きくなるまでにいろいろありますよね。
とにかく周りが気を付けないと。
妹さんを火傷から救ったるんさんのこと、
きっとお母さんは、感謝していたと思いますよ。
親って、なかなかありがとうが言えないタイプに人も多いから。

やけど * by zx900
やけどしたら、まず冷やす。
これ、現代人の常識だよね。
泣いちゃったおかーさんも、知ってればよかったのにね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する