酔いどれるん

それでも 生きてみよう!!

酔いどれるん 具合が悪くなってしまった。
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-10-21 (Mon)
小太郎も心配して横にぴったり付いています。


吐き気と下痢 それに加え 震えと身体に虫が入ったような皮膚症状が始まってしまいました。

安定剤と吐き気止めを内服 1時間ほどで落ち着きました。


不安と緊張でおかしくなりそうです。

でも ここで 整理しておこうと思う。


父が5年前立ったろうか? 隣の敷地の境界線の事で 隣ともめていて 訳の分からない怒りを隣の住人に大声を荒げ文句を言っているのが日常茶飯事だった。


母が亡くなった事は 病院の落ち度だと 病院を訴えると その時も怒りまくっていた。

気持ち的に解らないわけではないが 到底 父の言っている事はつじつまが合わなかった。

塩分が身体に良いとコーヒーに塩を入れて飲んでいた。


その頃 身体が捻じれると言い 踊るような不随運動が始まった。

私は そのたびに 弟に認知症が始まってくたかもしれないので 介護保険を受けた方が良いと伝えていた。

弟は介護保険のやり方が解らないので 包括支援センターがある事や市役所に行って申請する事を弟に伝えていた。


父は介護されるような人間じゃないと介護保険の人との面談をエスケープしていた。

そのたびに 弟の相談を私は受けていた。


父が車の運転が危ないので 車を取り上げようとしたが それも出来なかった。

父は毎日 A病院に血圧を測りに行き 脳梗塞の血液サラサラの薬を飲んで毎日を過ごしていた。

A病院には 叔母である看護師がいたので 一人暮らしの父を心配して A病院にかかるようにしてくれていた。

その当時 父の体重は激減していた。

ぐるぐる身体が捻じれるため 上の歯を自分で取り除いてしまった。

そこで かかりつけのW歯医者に一人でかかっていたわけだが 忘れてしまうので カレンダーに自分で記入して

行かなければならない日を書いて 自分で行っていた。


確かに 怒りまくっていた時期 市役所で怒れば その対応 車が故障すれば その対応 隣の人ともめて警察が入ればその対応

そう言う事をやってきた。

A病院で 車の運転の事は釘を刺された。こんな状態で車に乗せていて 事故でも起こせば 家族が罰せられるよ。


そう注意された。


私の家の近くの脳神経外科に紹介状を書いてもらう事にした。


A病院は頸椎専門で 脳神経の事は 無知な病院であったのをはじめてそこで知った。


紹介された脳神経の医者は 認知症は専門ではなかった。


脱水で入院した時などは 父がトイレに何度も入るので CRP(炎症反応)が高値であったが 退院を迫られた。


自分の病院へ連れて行く事を決意。 父の胸には影があるが 毎月の診察で経過観察である。


認知症については中等度で すぐに興奮が収まらないので 父の話を毎日聞いた。

隣の人の境界線については 岩手の弁護士を尋ね 弁護士に聞いてもらい。

私の市にも 弁護士が市役所にいるので 父の怒りが収まれば良いと 父に付き合った。

もちろん すべて ケンさんも付き合っている。


そんな事を3年以上やって来ている。


いまだに 介護認定の人が来る時は 怒りだすので 決して 介護認定員だとは話さない。


本人は介護されているとは思っていないからだ。




弟はこの3年以上もの間 一度たりとも来なかったのに 今さら 何をしたいと言うのか?


私を うつ病の看護婦に何ができるんだ。俺ならもっと優秀な看護師を雇う事ができる。


そう言ってのける 意味が私には理解不能だ。



3年も看てくれてありがとうと言われても お前は出た人間だから 関係ないだろうと言われる筋合いなどない。


介護に困り 誰かが見てくれないか?


悩む人がほとんどであるのに 俺なら看れる。ってどう言う事なんだろうか???



介護申請の仕方も解らなければ 病院の選び方も解らない人間に何ができると言うのか???




頭がおかしいのは弟の方で 私は病気だけれど するべき事はやっている。


逃げもせず 毎日 コツコツ それがなんだと言うのなら やってみれば良い。


ケンさんが義理の父の事をどんなに精魂こめて対応しているか?

病院もケンさんが休みを取り 3科も受診させてくれている。


そんな事を やつには出来るのか?やつの嫁ができるのか??



怒りと切なさとで 自分の身体のバランスが崩れかけてる。



負けるな。




でも 何処かに 相談しに行った方が良いかもしれない。



でも 何処へ?




絆などは 無い。


淋しい限りだ。




・・・・・・。








Theme : 頑張れ自分。 * Genre : 日記 * Category : こんなのありか?
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する