酔いどれるん

それでも 生きてみよう!!

酔いどれるん 久しぶりの同窓会
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2009-12-06 (Sun)
iroiro15.jpg


遠い所からは九州・大阪 合計26人来ました。
最高齢者 73歳 若手は48歳

担任の先生は65歳 大隔膜腫瘍の手術を3年前に受け生還されていた。

私は5日の昼から同級生の48歳の子の所へ行き 看護学校時代お世話になった寮のおじさんと
ランチをした。
おじさんも私たちも大はしゃぎ。
おじさんは83歳になるが 今でもプリウスに乗って スターッとした紳士だ。
話に花が咲き お世話になったことや今の近況報告をし楽しんだ。
もちろん 写真撮影もたくさんした。

同窓会では一人一人のあいさつがあり 私は二番手で挨拶をした。
息子や娘の自慢

それから 今 手術室勤務で うつ状態になっていることを報告した。
みんなから 

るん!!負けるなぁーーーーーー!!!

そう言われ 

オオーーーーーーー♪

ッと叫んだ。


母親が病気になった時にお世話になっていた同級生が一人きていなかった。

どうしてか?

何度も訪ねたが 私が落ち込んでいるかんじなので話せない。
ッと言っていたが

どうしても 話がしたいし お礼が言いたいの。

そうしたら ぼそぼそ 言い始めた。

大腸がんと乳がんの手術を1週間前にやったところで来る状態じゃないのよ。

それに 誰にも言ってないの。。。。。

ッと言われ それで また泣いた。

大好きなみどりおねぇーさんはご主人を10年前に亡くしたそうだ。

その話を聞いて 知らなくてごめんなさい。
っと また泣いた。

最後に私はこれなかった人のために大声で

サンサン七拍子を仕切った。

うつ病の人のやることじゃないと思う。でもいいや 応援したかったし病気に勝ってほしかった。

この声が届けば良い

そう思った。


それから お風呂屋へ仲良し5人と担任と行った。

先生の大きな手術の傷も拝見した。背中も流した。

夜中語った。

次の日 学園長が生きている。と言うことで会いに行った。

学園長は73歳

日野原先生とお友達のようにお付き合いがある。

97歳の現役内科医

ランチした。写真をたくさん撮った。

学園長が経営しているデーサービスや看護訪問の家も訪問した。

いのちのばとんと言う日野原先生と岩崎ちひろさんのこらぼの絵本

サイン入りでいただいた。

日野原先生のスケージュール帳もいただいた。


私は感激で学園長に抱きつきまた泣いた。


盛りだくさんの楽しい時間だった。


人とのつながりに感謝した。

私は人生を見直すチャンスをいただいた気がした。

よーーーーーーーーーし


休み中に考えるぞっ!!!


意欲満々である。

(= ̄▽ ̄=)ニンッ!

* Category : 今日の気分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する